「米ドル/円をショート」とは?FXの用語と取引のコツをおぼえよう

 FX等の相場の世界では、独特の言葉が使われることも多いもの。
基礎的な用語のひとつとしては、「ロング」や「ショート」が挙げられます。
「ロング」は「買い」を意味し、「ショート」は「売り」を意味する言葉です。
ですから「ユーロをロング」と言えば「ユーロを購入した」という意味になりますし、「円をショート」と言えば「日本円を売却した」ということになります。

さて、では「ユーロ/円をショート」と書いてあったら、これはどんな意味だと思いますか?
前述のとおりショートは「売り」という意味。
でも売るのははたしてユーロなのか、日本円なのか、混乱してしまう人も多いことでしょう。

このような表記の場合、主軸となるのは先に記述される左側の通貨。
つまり今回の例であれば、ショート(売り)にかかるのは「ユーロ」ということになります。
ペアである左側の通貨を売り(もしくは買い)、反対に右側の通貨を買う(もしくは売る)という状況を指しているのです。

「ユーロ/円をショート」の場合なら、「ユーロを売り、円を購入した」という意味になりますね。
また「米ドル/円をロング」であれば、「米ドルを購入した(円は売却した)」という状況になります。

上記のような用語の表記については、ムリに頭で憶えようとするよりも、慣れながら憶えていった方が良いかもしれません。
ハイローオーストラリア等のバイナリーオプション(BO)でも、FXと同様に頻繁に上記のような表記が出てきますから、為替や通貨の表記や用語について、感覚的に慣れていくことが可能です。

バイナリーオプションはシステムもシンプルで、投資初心者でもすぐに取り組めるのも良い点のひとつ。
「投資がまったく初めて」というビギナーであれば、まずはBOからスタートして「投資慣れ」をしてみるのも手と言えるでしょう。

≪日本のFXトレーダーは「ショート」を避けすぎ?≫

例えば外貨預金といった金融商品は、外貨を買うことでのみリターンを積んでいくシステムとなっています。
しかしFXであれば上記のとおりロング(買い)とショート(売り)の二面を使うことが可能です。
両方を状況に併せて使いこなすことで、円高・円安といったいずれの状況でもリターンを生み出せるというわけですね。

ところが多くの日本人トレーダーは、「ロング」のポジションにばかり執着しがち。
外貨を買うことには積極的なのに、売ることを選択肢に入れない人が非常に多いのです。

この理由の一つとしては、スワップポイントによる利益の影響が挙げられます。
日本では長いこと超低金利時代が続き、諸外国は日本と比較すれば金利が高い状態となっていました。
従来であれば、ロングのポジションを維持しておくだけで、二カ国の金利の差(スワップポイント)から堅実にリターンを積むことも可能だった…というわけです。

またもう一つの理由として、株式投資の感覚を残したままFXに挑んでいる人が多いという点も挙げられるでしょう。
株式の場合、その基本理念は「企業の成長度を見込んでの投資」であり、株を行う人の殆どが「買い」でリターンを生み出しています。
この他株券所持による配当、株主優待といったメリットもあることから、「買って長期的に所持する」という考え方が一般的となっているのです。

ただ現在のFX取引において、上記のような「ロング一辺倒」な考え方は非常にもったいないやり方であると言わざるをえません。

現在では諸外国の金利も日本並に下がっている状態。
スワップポイントのみでは残念ながら満足のいくリターンを生み出すことが難しくなってきています。

そして何より、FXで取り扱うのは「通貨」です。
通貨は日々刻々と変動していくもの。
その均衡を見ながら「売り」と「買い」の二面を使って、初めて効率的にリターンを生み出すことができるのです。
ただ一方の通貨を購入して持っているだけ…というロングポジションにこだわっていては、FXでリターンを生むチャンスを自ら50%以下に切り下げていることになります。

「ロングのみ」への思い込みを捨てて、「ショート」へ適切に切り替えて取引を行った時こそが、FXトレーダーがそのシステムのメリットを十分に享受できる状態と言えるでしょう。
旧来の「思い込み」に因われないという意味では、これから本格的にFXをスタートする人の方が有利とすら言えるかもしれません。
ロング・ショートの適切な使いこなしを行って、効率的にリターンを掴んでいきましょう!