FXにおける逆指値注文とは?

3hhyy FXには様々な取引方法がありますが、その中の1つ、「指値注文」というのは取引前に予め売買の希望価格を決めておくというものです。たとえば100円で買って110円になったら売る、といったことを決めておいてから取引に臨むのです。その半反対に「逆指値注文」の場合、自分がどうしても避けたい価格を設定して取引を行います。

また、指値注文はあくまでも「これからの価格が自分に有利になる」ことを前提として行うわけですが、逆指値注文は「リスクカット」のために行うものです。

FXの場合は手元に物品がないと取引できないような性質のものではなく、まず売り注文から開始してその後買い戻すということが可能で、利益を出すための方法も2種類あり、「高いレートで売って安いレートで買う」、「安いレートで購入して高くなったら売る」、いずれも可能です。

おすすめウェブ: オプション24.net

もし相場が安いタイミングで買い、その後高くなったら売ろうと考えていても、相場が予想に反する動きを見せれば、買った時点よりも安い価格で売却しなくてはなりません。にも関わらず指値注文で上昇時のみ売ることができる設定にしていると、相場が上昇を見せない限り一向に決済できません。むしろ下降の一途を辿れば損失は膨らむばかりです。

そしてもしも強制ロスカットが発動するような事態になれば、その時点での損失額はかなりまとまった金額になっているはずです。

しかし「逆指値注文」を設定しておけば、こうした大きな損失を回避することが可能です。ひたすら相場が下降するのをロスカットまで成す術なく見守るのではなく、自らそれより手前に損切りできるのです。思惑通りに行かないことが多々あるのがFXですから、こうしたリスク管理は徹底したいものですね。トレーダーのリスク管理に対する配慮が惜しみなくなされていると感じたのが入出金が即完了のスマートオプションという業者です。豊富なボーナスが魅力なサイトなので、一度試してみて下さい。